東京の医学部再受験専門の予備校に通って受かった

大学受験の時に医大を受けたけど

大学受験の時に医学部合格を目指して勉強してましたが、何校も医大を受けたけど全て落ちてしまい、滑り止めの理系の大学に合格して通ってました。
理系が元々好きで、1年生の時にはこれで良かったと思って納得して通ってましたが、どうしても医者になる夢が捨てきれず、2年生の時に編入試験を受けました。
編入試験の倍率はかなり高くて落ちてしまい、医学部再受験合格を目指して東京にある専門の予備校に通う事にしました。
どの専門の予備校に行けば合格に近いのか解らなかったので、各予備校が主催する説明会に参加しました。
医学部の再受験についてあまり知らなかったので、その難しさを知って迷いましたが、それでもどうしても医者になりたかったので、合格したい国立大学と特定の私立大学の医学部の受験に強い予備校に通う事にしました。
私の場合は、親から通っていた理系の大学の進級を条件に、大学卒業までの3年と4年の2年間だけチャンスを貰いました。

大学受験の時に医大を受けたけど | 大学生と受験生の2足のわらじで勉強 | 本命の国立大学の医学部でもかなりの手応え

社会人で予備校に通いながら東京の医学部合格を目指した

私は高校を卒業後に地元の役所に就職をしました。小さいころから医者になるのが夢でしたが、母親が体が弱かったこともあり面倒を見るために実家から近い役所で働くことにしたのです。二年ほど勤めた頃、就職で家を離れていた姉が戻ってくることになり、家族も私が夢を叶えられるように協力してくれることになりました。

ですが二年間勉強から遠ざかっていたこともあり、医学部をいきなり受験するのはリスクが大きすぎました。独学で勉強をするつもりでいたのですが、仕事が終わってからと休日だけでは十分とは言えない状況でした。それでもどうにか限られた時間の中で勉強を進め、一度医学部の模試を受けてみることにしました。模試の結果は高校時代よりも悪くなっており、今のままでは大学に合格するのは難しいという判断でした。一度は諦めようかとも思ったのですが、家族が応援してくれていることもありもう一年できるだけのことをやろうと決めました。

ですが以前のように独学で勉強をしていても結果がついてこないことがわかったので、働いて貯めたお金で予備校に通うことにしました。高校生とは同じ時間帯で通うことはできなかったのですが、社会人向けの教室を夜間に行っている予備校があったのでそこに通うことにしました。予備校には私と同じように一度社会に出た方が医者を目指していて、同じ志ということもありすぐに仲良くなることができました。みんなが強い気持ちを持っていたので、自分も負けられないといつも励まされていました。仕事と勉強の両立はとても大変で、受験の半年前には一度仕事をやめることにしました。仕事をやめるかどうかも随分悩みましたが、予備校の同じクラスの方に相談に乗ってもらいながら自分が後悔しない道を選択しました。

仕事を辞めてからは予備校に通う時間も増やし、医学部合格だけを考えながら生活をしていました。できれば東京で進学したかったので、東京の大学に合格できる水準まで学力を上げるのはとても大変でした。ですが社会で働いた経験がここで活躍することになり、いかに効率よく時間を使えるかやメリハリをつけた勉強法ができました。

予備校では定期的に学力を調べるために、テストが行われます。過去の入試問題やセンター試験なども使いながら、自分が今どのくらいの学力なのかを知ることができます。テストごとに自分の苦手科目や分野を知ることもできるので、独学ではできない取り組みだったと思います。

他にも実際の試験のようにテスト時間を取ってくれたので、試験日の雰囲気や様子を確認することもできました。一日で集中して何教科もの試験を受けるのはとても体力がいることもわかり、集中力を長時間持続させるためにも体調の管理や体づくりが必要だとも思いました。勉強にばかり気を取られてしまうと生活リズムが崩れてしまったりで体調が悪くなってしまうことがあったのですが、そこから改善するべきと考え規則正しい生活を心がけるようにしました。朝は早い時間に起きて勉強をし、日中には外で適度に体を動かすようにもしました。夜もあまり遅い時間までは取り組まないようにし、睡眠時間もしっかり確保するようにしました。こういった工夫で勉強も以前よりはかどるようになり、成績もどんどん良くなっていきました。

一年間で私は自分ができるだけのことをしてきましたが、そのかいもあってか無事に医学部に合格することができました。ですが合格してからが大変なこともあり、今までの努力が実を結ぶようにこれからはますます頑張らなければなりません。社会人として生活した経験も今後生かしながら、立派な医者になれるよう勉強を続けていきたいと思っています。